記事一覧

[レポート]第8回ボードゲームスウィッチ

第8回ボードゲームスウィッチを開催しました!

■日程
 5/31(日) 13:00~20:00

■場所
 秋葉原イエサブRGP館

■参加人数
 9名

■やったゲーム
 ケルトタイル
 勝利への道
 ズーロレット
 ブラフ
 ポーカー(テキサス・ホールデム)
 ドミニオン

■レポート
○ケルトタイル
http://www.mobius-games.co.jp/Kosmos/Keltis_tiles.html
ファイル 17-1.jpg本日初プレイの一品
2008年のドイツゲーム大賞を取ったケルトのシンプル版
タイルには色と数字がついていて
裏にした場のタイルを取って、自分のとこに色別に昇順または降順で並べる
各色は、昇順または降順を決めたら、その方向にしか並べられず、数字を飛ばしたら、その間にも入れることができない
裏にしたタイルを取るときは自分のとこに並べないで表のまま場に返すことも可、その場合は他の人にとられることもあるので、取りたいんだけど、もう少し後でと思うこともしばしば
相手に良いタイルが行くのを分かっていて、場に返さなきゃならなかったり、もう少し後で取ろうと思っていた表タイルが他の人に取られたりと、そのもどかしさがたまらなく面白い!
ちなみに、自分の場に並べたタイルは、3つ以上並べないとマイナス点になったりと、単純になんでも並べていけばよいってわけでもないから、なかなかに奥が深い
今回は、先に集まった4名でプレイ
全員初めてだったけど、すぐルール把握できたです
自分が欲しいタイルが直前で他の人に取られたりで、あーあー騒ぎながら、めっちゃ盛り上がってやったです

そうこうしていたら、続々と人が集まってきたので、2チームに分かれてプレイ

1チームは、ケルトタイルを引き続きプレイ
新しく来た人を含めてプレイ
なかなかに大盛り上がりして、何度かプレイしていた模様

○勝利への道
http://sgrk.blog53.fc2.com/?no=792
ファイル 17-2.jpgもう1チームは、勝利への道をプレイ
このゲームは、1人3コマづつ持ってやるすごろく
スタートからゴールまでは1本道で、道のタイルにはマイナスとプラスとクローバーの3種がある
サイコロ振って、そのタイルに移動し、次に移動するときに同じタイルに誰も居ないと、そのタイルを取らないとならない
あと、クローバータイルとプラスの高得点のタイルのみに木コマもあり、これはプレーヤーコマが居たら誰でも動かしてよいコマもある
マイナスタイルは要らないけど、プラスタイルとマイナスをプラスにできるクローバータイルは欲しい
マイナスタイルは誰か来たらすぐ駆け抜けて、プラスとクローバーは誰か来たら他が移動するまでずっと待ち続ける
最初はさくさく進んでいたのに、途中から動きが止まりだして、いかに欲しいタイルの場所に居続けるために木コマを駆使して留まり続ける
でも、いつかはなにも出来なくなり、泣く泣く自分のコマを動かすことに、、、。
相手の動かし方で戦況がだいぶ変わってくるので、なかなか先が読めないけど、欲しいタイルが取れたときは、かなりうれしい
今回は初プレイの人も居たけど、ひさびさのプレイで全員が初プレイみたいな感じでプレイ
ほぼ全員がクローバータイルのとこで大半のコマを停滞させ、中盤なかなか進まなかったけど、均衡が崩れたらぽつぽつと動き出し、あきらめるす
それでも、最後まで残っているとこもあり、なかなか緊迫した戦いが!

ここで、またメンバーを変えて2チームに分けて、別ゲームをプレイ

○ズーロレット
http://sgrk.blog53.fc2.com/?no=573
ファイル 17-3.jpg1チームはズーロレット
このゲームは、動物をトラックに乗せていって、そのトラックを自分の動物園に持ってきておりに入れていく
おりは3つあり(拡張することで4つになる)、入れることの出来る動物の数がそれぞれ決まっていて、できるだけすべてのおりをいっぱいにして動物園をにぎやかにしていくのが目的
自分の番でやれることは、動物をトラックに乗せるか、動物が乗ったトラックを持ってくるかのどちらか(他にもお金を使った行動もできるけど、大きくはこの2つ)
自分の欲しい動物が乗ったトラックを作りたいけど、他の人が得するトラックには要らない動物を乗せて邪魔もしたりされたり
なるべくいっぱい必要な動物だけが欲しいけど、やむを得ず、要らないのも含めて動物を持ってきて、おりに入れられず牧場に置くことも(牧場においてあるのは、あとでお金使って移動もできるけど、最後まで残っていたらマイナス点)
このどのトラックに置くか、どれを持っていくかを悩みながらも、動物園がどんどんにぎやかになっていくのが楽しい
プレイしてなく、あまり見てなかったので、どんなになっていたか分からないけど、途中途中なんどかわーわー歓声が、だいぶ盛り上がってたみたいですはい

○ブラフ
http://sgrk.blog53.fc2.com/?no=151
ファイル 17-4.jpgもう1チームはブラフをプレイ
このゲームは、各自サイコロを振って、そこに出ている目を見て、全員のサイコロにどの目が何個出たかを読み合うゲーム
出目の予想は、数字を挙げるか、個数を増やすしかなく、限界だと思ったところで、止めて予想が正しいかの勝負
最初手持ちのサイコロを6個づつから始まり、負けるとサイコロが減っていく
自分の目だけで予想を立てると、あまり分からなさそうだけど、相手の予想を参考に誰がどの目が多そうかを読んでいき、なんとなく出目が予想できていく
ただ、あまり素直に言い過ぎると、読みやすいから、そこはブラフ(嘘)も入れていき、場を乱していくのも楽しい
サイコロは、1~5と☆があり、☆はどの目としても数えてよいので、意外と予想した数字の出目が多くなることも多々
今回は、初プレイの人が多く、ある程度の確率論を説明しながらプレイ
自分の目がぞろ目なときに限って、他の人がその目がぜんぜん出ていないとすぐブラフと言われたり
上げすぎた、、、と後悔したのに開けてみたら、思った以上にみんな同じ目や☆がいっぱい出ていて助かったり
かなり大盛り上がりでした!
サイコロを公開するときのどきどき感がたまらない、確率以上にかなり運にも左右されるけど、出目の読み合いが、かなり楽しい!

ここでいったん、全員でポーカーのテキサス・ホールダムをとのことでプレイ

○ポーカー(テキサス・ホールデム)
ファイル 17-5.jpgこのゲームは、各自の手札が2枚、場の共通カードを5枚組み合わせて役を作るポーカー
チップを利用して、それを賭けながらカジノのようにプレイ
賭け方としては、手札が2枚配られたら、場のカードが3枚くばられたら、さらに追加で1枚、さらに最後の1枚の計4箇所
その各々で降りることも可能
最後に勝った人が賭けたチップを総取り
チップを賭けているため、手札が悪くても、ブラフを使い、強気に賭けて相手を下ろしたら勝てることもあるため、その読み合いが楽しい
今回は、1人がディーラーのみをやってくれたので、8人でプレイ
初めての人も居たので、説明しながらプレイ
チップが大きく動く勝負が多々あり、なかなかに熱い勝負で大盛り上がり

最後にまだ少し時間が残っていたので、また2チームに分かれてプレイ

○ブラフ
1チームは、さきほどもやっていたブラフをメンバー変えてプレイ
サイコロ開けるたびに大盛り上がりだった模様

○ドミニオン
もう1チームは、ドミニオン
このゲームは、デッキ構築をゲーム中にするTCG(トレーディング・カード・ゲーム)
最初の手持ちカードはお金と得点カードのみで、手札に引いたお金カードを使って場のアクションカードや得点カードなどを買いながらデックを構築していく
アクションカードは20種類くらいあって、その中から10種を選んでプレイするから、やるたびに違うゲームになっていく
今回は初プレイの人1人を含めてプレイ
今回は、攻撃が少なく、お金をプラスしたり、手札増やせるカードが多かったので、中盤になったら、手札のコンボもばしばし決まったりと、なかなかに面白い展開に!
一番買いづらい得点6のカードも結構買えちゃったりしたので、最後は得点カード買い合いに!
最後は得点6がなくなり終了
なかなかに盛り上がった展開でした


、、、といったところで、終了時間に~
今回もあっという間の7時間でした!

コメント一覧

コメント投稿

  • コメントを入力して投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー