記事一覧

[レポート]第8回ボードゲームスウィッチ

第8回ボードゲームスウィッチを開催しました!

■日程
 5/31(日) 13:00~20:00

■場所
 秋葉原イエサブRGP館

■参加人数
 9名

■やったゲーム
 ケルトタイル
 勝利への道
 ズーロレット
 ブラフ
 ポーカー(テキサス・ホールデム)
 ドミニオン

■レポート
○ケルトタイル
http://www.mobius-games.co.jp/Kosmos/Keltis_tiles.html
ファイル 17-1.jpg本日初プレイの一品
2008年のドイツゲーム大賞を取ったケルトのシンプル版
タイルには色と数字がついていて
裏にした場のタイルを取って、自分のとこに色別に昇順または降順で並べる
各色は、昇順または降順を決めたら、その方向にしか並べられず、数字を飛ばしたら、その間にも入れることができない
裏にしたタイルを取るときは自分のとこに並べないで表のまま場に返すことも可、その場合は他の人にとられることもあるので、取りたいんだけど、もう少し後でと思うこともしばしば
相手に良いタイルが行くのを分かっていて、場に返さなきゃならなかったり、もう少し後で取ろうと思っていた表タイルが他の人に取られたりと、そのもどかしさがたまらなく面白い!
ちなみに、自分の場に並べたタイルは、3つ以上並べないとマイナス点になったりと、単純になんでも並べていけばよいってわけでもないから、なかなかに奥が深い
今回は、先に集まった4名でプレイ
全員初めてだったけど、すぐルール把握できたです
自分が欲しいタイルが直前で他の人に取られたりで、あーあー騒ぎながら、めっちゃ盛り上がってやったです

そうこうしていたら、続々と人が集まってきたので、2チームに分かれてプレイ

1チームは、ケルトタイルを引き続きプレイ
新しく来た人を含めてプレイ
なかなかに大盛り上がりして、何度かプレイしていた模様

○勝利への道
http://sgrk.blog53.fc2.com/?no=792
ファイル 17-2.jpgもう1チームは、勝利への道をプレイ
このゲームは、1人3コマづつ持ってやるすごろく
スタートからゴールまでは1本道で、道のタイルにはマイナスとプラスとクローバーの3種がある
サイコロ振って、そのタイルに移動し、次に移動するときに同じタイルに誰も居ないと、そのタイルを取らないとならない
あと、クローバータイルとプラスの高得点のタイルのみに木コマもあり、これはプレーヤーコマが居たら誰でも動かしてよいコマもある
マイナスタイルは要らないけど、プラスタイルとマイナスをプラスにできるクローバータイルは欲しい
マイナスタイルは誰か来たらすぐ駆け抜けて、プラスとクローバーは誰か来たら他が移動するまでずっと待ち続ける
最初はさくさく進んでいたのに、途中から動きが止まりだして、いかに欲しいタイルの場所に居続けるために木コマを駆使して留まり続ける
でも、いつかはなにも出来なくなり、泣く泣く自分のコマを動かすことに、、、。
相手の動かし方で戦況がだいぶ変わってくるので、なかなか先が読めないけど、欲しいタイルが取れたときは、かなりうれしい
今回は初プレイの人も居たけど、ひさびさのプレイで全員が初プレイみたいな感じでプレイ
ほぼ全員がクローバータイルのとこで大半のコマを停滞させ、中盤なかなか進まなかったけど、均衡が崩れたらぽつぽつと動き出し、あきらめるす
それでも、最後まで残っているとこもあり、なかなか緊迫した戦いが!

ここで、またメンバーを変えて2チームに分けて、別ゲームをプレイ

○ズーロレット
http://sgrk.blog53.fc2.com/?no=573
ファイル 17-3.jpg1チームはズーロレット
このゲームは、動物をトラックに乗せていって、そのトラックを自分の動物園に持ってきておりに入れていく
おりは3つあり(拡張することで4つになる)、入れることの出来る動物の数がそれぞれ決まっていて、できるだけすべてのおりをいっぱいにして動物園をにぎやかにしていくのが目的
自分の番でやれることは、動物をトラックに乗せるか、動物が乗ったトラックを持ってくるかのどちらか(他にもお金を使った行動もできるけど、大きくはこの2つ)
自分の欲しい動物が乗ったトラックを作りたいけど、他の人が得するトラックには要らない動物を乗せて邪魔もしたりされたり
なるべくいっぱい必要な動物だけが欲しいけど、やむを得ず、要らないのも含めて動物を持ってきて、おりに入れられず牧場に置くことも(牧場においてあるのは、あとでお金使って移動もできるけど、最後まで残っていたらマイナス点)
このどのトラックに置くか、どれを持っていくかを悩みながらも、動物園がどんどんにぎやかになっていくのが楽しい
プレイしてなく、あまり見てなかったので、どんなになっていたか分からないけど、途中途中なんどかわーわー歓声が、だいぶ盛り上がってたみたいですはい

○ブラフ
http://sgrk.blog53.fc2.com/?no=151
ファイル 17-4.jpgもう1チームはブラフをプレイ
このゲームは、各自サイコロを振って、そこに出ている目を見て、全員のサイコロにどの目が何個出たかを読み合うゲーム
出目の予想は、数字を挙げるか、個数を増やすしかなく、限界だと思ったところで、止めて予想が正しいかの勝負
最初手持ちのサイコロを6個づつから始まり、負けるとサイコロが減っていく
自分の目だけで予想を立てると、あまり分からなさそうだけど、相手の予想を参考に誰がどの目が多そうかを読んでいき、なんとなく出目が予想できていく
ただ、あまり素直に言い過ぎると、読みやすいから、そこはブラフ(嘘)も入れていき、場を乱していくのも楽しい
サイコロは、1~5と☆があり、☆はどの目としても数えてよいので、意外と予想した数字の出目が多くなることも多々
今回は、初プレイの人が多く、ある程度の確率論を説明しながらプレイ
自分の目がぞろ目なときに限って、他の人がその目がぜんぜん出ていないとすぐブラフと言われたり
上げすぎた、、、と後悔したのに開けてみたら、思った以上にみんな同じ目や☆がいっぱい出ていて助かったり
かなり大盛り上がりでした!
サイコロを公開するときのどきどき感がたまらない、確率以上にかなり運にも左右されるけど、出目の読み合いが、かなり楽しい!

ここでいったん、全員でポーカーのテキサス・ホールダムをとのことでプレイ

○ポーカー(テキサス・ホールデム)
ファイル 17-5.jpgこのゲームは、各自の手札が2枚、場の共通カードを5枚組み合わせて役を作るポーカー
チップを利用して、それを賭けながらカジノのようにプレイ
賭け方としては、手札が2枚配られたら、場のカードが3枚くばられたら、さらに追加で1枚、さらに最後の1枚の計4箇所
その各々で降りることも可能
最後に勝った人が賭けたチップを総取り
チップを賭けているため、手札が悪くても、ブラフを使い、強気に賭けて相手を下ろしたら勝てることもあるため、その読み合いが楽しい
今回は、1人がディーラーのみをやってくれたので、8人でプレイ
初めての人も居たので、説明しながらプレイ
チップが大きく動く勝負が多々あり、なかなかに熱い勝負で大盛り上がり

最後にまだ少し時間が残っていたので、また2チームに分かれてプレイ

○ブラフ
1チームは、さきほどもやっていたブラフをメンバー変えてプレイ
サイコロ開けるたびに大盛り上がりだった模様

○ドミニオン
もう1チームは、ドミニオン
このゲームは、デッキ構築をゲーム中にするTCG(トレーディング・カード・ゲーム)
最初の手持ちカードはお金と得点カードのみで、手札に引いたお金カードを使って場のアクションカードや得点カードなどを買いながらデックを構築していく
アクションカードは20種類くらいあって、その中から10種を選んでプレイするから、やるたびに違うゲームになっていく
今回は初プレイの人1人を含めてプレイ
今回は、攻撃が少なく、お金をプラスしたり、手札増やせるカードが多かったので、中盤になったら、手札のコンボもばしばし決まったりと、なかなかに面白い展開に!
一番買いづらい得点6のカードも結構買えちゃったりしたので、最後は得点カード買い合いに!
最後は得点6がなくなり終了
なかなかに盛り上がった展開でした


、、、といったところで、終了時間に~
今回もあっという間の7時間でした!

[レポート]第7回ボードゲームスウィッチ

ファイル 16-3.php
ファイル 16-4.php

第7回ボードゲームスウィッチを開催しました!

■日程
 4/5(日) 13:00~20:00

■場所
 秋葉原イエサブRGP館

■参加人数
 10名(うち初参加1名)

■やったゲーム
 アグリコラ
 ドミニオン
 ポーカー(テキサス・ホールデム)
 それはオレの魚だ!
 フィッシュミー
 お邪魔者

■レポート
○アグリコラ
http://sgrk.blog53.fc2.com/?no=1083
ファイル 16-1.jpg本日初プレイの一品
以前からやろうとしつつも、なかなかにルールが複雑で後回しになっていたので、今日は少し早めに集まってルールを覚える
簡易版のファミリールールがあり、それでプレイ(といっても、なかなか複雑)
このゲームは、最初は部屋が2つだけの農場に、畑を耕したり、牧場に羊を飼ったりと、いかに発展させていくかを競うゲーム
なにを発展させていくかは、ステージごとに増えていくカードによって選べるものが増えていくけど、早い者勝ちで自分がやりたい行動を他の人に取られたりと、なかなか思うようには行かない
開拓とジレンマが楽しいゲーム
今回は最初に集まった4名でプレイ
勝利条件をよく分からないままやったせいか、得点計算でいろいろなことが発覚し1人が飛びぬけてトップで、あとは僅差でしたw
簡易ルールのみだったので、次回は標準のルールでプレイしたいなーと

人数も増えてきたので、2チームに分かれて、ドミニオンとポーカーに分かれてプレイ

○ドミニオン
http://sgrk.blog53.fc2.com/?no=1063
ファイル 16-2.jpgこのゲームはTCG(トレーディング・カード・ゲーム)をボードゲームにしたゲーム
ってこれだけだと、なんのことだかって感じですが、通常TCGは各自でデッキを組んで、それを利用しながらゲームをプレイするわけだけど、このドミニオンは最初はお金と得点カードだけのデッキ10枚から開始
そのお金カードを使って場のアクションカードなどを購入して自分のデッキを作っていき、そのカードを使いながらゲームをすすめていく
また場のカードは20種類くらいの中から10種を選んでおく
このため、やるたびに違う展開になり、また相手が買ったカードを見ながら、自分の戦略を立てていくため、同じ種類のカードがあって違った展開に!
なかなか奥の深いゲーム、最近の一番のヒットゲームかも
初めての人がいたので、簡単に説明しながらやったけど、飲み込み早く、すぐに戦略が見えた模様
今回はアクションでコンボができるカードが多々あったけど、お金が少なかったため、なかなか高い得点カードが購入できず
結構僅差の勝負となったです

○ポーカー(テキサス・ホールデム)
カジノルールのポーカー
各自の手札が2枚、共通カードとして場に5枚が出て、計7枚の中から役を作るポーカー
チップを使い、ビックブラインド、スモールブラインド(勝負前に強制的にベットして賭けさせる)本格的なカジノっぽいルールでプレイ
ブラフを織り交ぜつつ、ベット金額の大小で相手を下ろしたり、乗せたりと、なかなかに熱い展開だった模様


○それはオレの魚だ!
http://sgrk.blog53.fc2.com/?no=625
氷の上をペンギンを滑らせ、滑った先のコマをゲットしていく
滑らすたびに場が減っていくため、どう動くかなかなか予想しずらい、他の人のプレイでわーわー言うのが楽しいゲーム
見ていなかったけど、これは結局やったのかな?w

○フィッシュミー
http://sgrk.blog53.fc2.com/blog-entry-931.html
缶の中の魚を磁石の釣り針で釣っていく
サイコロで出た色を釣らないとならず、また缶の周りにもくっつくため、なかなかに難しい
手軽にできて息抜きにちょうど良いゲーム

○お邪魔者
働き者のドワーフと、お邪魔者のドワーフの2チームに分かれてプレイ
働き者は、いかに洞窟を掘って金塊を見つけるか
お邪魔者は、いかに邪魔して金塊を見つけさせないか
誰が働き者かお邪魔者かは分からないため、行動の内容によってお邪魔者と疑われた人は攻撃されて足止めされたり、お邪魔者はこっそり、ときには大胆に発掘の邪魔をしたりと、なかなかに波乱がある
今回は初めてMAXの10名でプレイ
この場合は、最大お邪魔者が4名になるが、人数が多いため、あっという間に奥まで進むこともあり、かなり大胆な邪魔をしていかないと邪魔ができない
何度かプレイし、かなりぎりぎりの勝負もあったけど、すべて働き者の勝ちでした

今回もあっという間の7時間でした!

[レポート]第6回ボードゲームスウィッチ

第6回ボードゲームスウィッチを開催しました!

■日程
 3/1(日) 13:00~20:00

■場所
 秋葉原イエサブRGP館

■参加人数
 9名(うち初参加2名)

■やったゲーム
 CAN'T STOP!
 クク
 おばけのもり
 TRPG(ロードス島)
 ババンク
 ポイズン
 そっとおやすみ

■レポート
○CAN'T STOP!
http://www.mobius-games.co.jp/Ravensburger/Cantstop.htm
先に集まった4名でプレイ
2名が初プレイだったので、簡単に説明して開始
このゲームはサイコロ4つ振って、2個ずつに分けた合計のマス目のコマを進めて、一番端まで進めるのが目的
サイコロ振っている間は仮確定でどんだけ進んでも良いけど、1プレイで最大3箇所までしか選べず、進めている目がでないとドボンになり、せっかく進めたコマが元に戻り次の人へ
どこまで進めてやめるか、なかなか止まれないのがこのゲームのおもしろいところ

バリエーションルールで、人のコマに重なったら、やめられないルールを採用したので、もう止まりたいと思っても止められない状況もあり、サイコロの目に一喜一憂
結局初プレイの人がかなり強運のサイコロ目で怒涛の追い上げで勝利!

そうこうしている間に追加で3名が合流


○クク
http://grimpeur.co.jp/item/cucco/cucco.html
大人数でもできるククを7名でプレイ
半分くらいが初プレイだったので、1度目は説明しながらプレイ
このゲームは、各人1枚ずつカードを持ち、自分のカードがメンバーの中で弱いか?強いか?を考え、次の人と交換していき、全員の交換が終わったら、一番弱いカードを持っていた人が負け
ゲーム開始時に参加費で1コイン出し、負けたら1ゲーム目なら1コイン、2ゲーム目は2コイン、3ゲーム目は3コイン
4ゲーム以降は脱落していき、最後の一人になったら、集まったコインを総取で、コインをたくさん稼いだ人が勝ち
単純な交換ゲームではなく、絵札は交換したら相手を失格にできるカードや交換を飛ばせるカードなどいろいろあり、ゲーム中もどきどきしながら交換していくゲームです

初回は、絵札がでまくり、ゲーム中にばしばし失格者がでたり、ばしばし交換されていったら、最後で最初の交換者が失格する猫がでるなど、波乱続きだったです
2回目は、みんな真剣に席替えを希望し、隣に座りたくない人をさけつつプレイw
2回目も、かなり波乱だったことは言うまでもないw


○おばけのもり
http://sgrk.blog53.fc2.com/?no=101

ファイル 15-1.jpg持ち込みの(未開封のw)ゲーム
最大6名だったので、一人お休みで、全員が初めでだったので、説明書を読みながらプレイ
このゲームは、見習いおばけのいたずらを避けながら、大きいドワーフと一緒に、森の出口を目指すゲーム
サイコロの出目で子どもを動かすけど、自分のコマ以外を動かしてもかまわず、おばけの出目が出るとこどもにおばけがとりつき動けなくなる
途中大きいドワーフになると一緒に居る子ども全員が移動する
途中に振り出しに戻る橋やおばけがいなくなる広場などあり、途中まで他プレーヤーと共同して進んだり、終盤ではいかに自分のコマをゴールさせるかで争ったりと、なかなか対立がおもしろいゲーム

最初はルールが良く分からず、なんとなく進めていた感があったけど、だんだん分かりだしてくると、おばけの付け合いにw
サイコロの出目次第ではせっかくのサポートも無意味に終わることも多々、みんな自分をアピールして進ませてもらおうと必死になったですw

そうこうしている間にさらに2名追加で計9名に
人数も多くなったので、ここらでTRPG組(4名)とぼーげー組(5名)の2組に分かれてプレイ

○TRPG(ロードス島)
今回はメンバーから要望もあったので、マスターできる人も参加してもらい初TRPG
初心者だらけというのもあったので比較的簡単なロードス島をプレイ
簡単なダンジョン探索なストーリーをやるとの話
最初は説明を受け、各自キャラシートを作成(これはこれで結構おもしろい)

ファイル 15-2.jpgあるプレーヤーのキャラシート
どわーふ?、、、と思ったらダークエルフ?!w
、、、なんか、レアな種族が出たようで、いったいどんなストーリが?!w

自分は参加してなかったのでどんなことが起こったか良く分からないけど、かなり盛り上がっていた模様w


○ババンク
ボーゲー組は、熱い対戦ゲームをとババンクを選択

ファイル 15-3.jpg初プレイが半分ほど居たので、簡単に説明しつつ開始
このゲームは、複数ある場にお金を置いていき、続いて各人が持っているカードを場に順に置いていき、次に自分のコマを動かしお金を稼げそうな場に進める
カードは「お金倍」「横取り」「ブラフ」の3種があり
最後に置いたカードを開いて、横取り以外なら、コマを置いたキャラがお金を貰える
横取りなら、そのカードを置いた人がお金を貰える
次のゲームでは、置けるお金が大きくなり、全部で4ゲーム行う
いかに安全で稼げそうなとこに自分にコマを進めるか、もしくは横取りカードのとこに人を止めるかの読み合いがかなり熱い
ゲームを進めるほど金額が高くなるので、だんだん読み合いがはげしくなっていく

とりあえず、最初の1ゲームは説明しながらやりつつ、2ゲーム目くらいからは、概ね理解できたようで、だんだんと激しい読み合いが、、、
トップの人は最初に行動しないとならないので、いかに相手をひっかける行動をするか
最後の人は、全員の行動を見て、できるだけ安全そうなとこにすすむか
カード置くたびに、これはブラフ、こっちは横取りと読み合いながら、、、だんだん誰も信じられなくなるw
なんだかんだで序盤トップを取った自分が最後まで罠をかけつつ勝利w


○ポイズン
ファイル 15-4.jpg続いてボーゲー組の5名でプレイ
こちらも半分が初プレイだったので、ざっくり説明してからプレイ開始
このゲームは、3色の薬カードと毒カードがあり、色毎にカードを置いていき、カードの数字の合計が13を越えると、その色のカードをとらないとならない(カードを取ると1枚につきマイナス1点)
毒カードは好きなとこに置け、こちらは取るとマイナス2点
いかにカードを取らないようにするかのゲームだけど、薬カードは最後に各色で一番多く取っていた人は全部0点になるため、一度カードを取ったら、たくさん取ったほうが良くなる
いかに取らないか、一度取ったらどんだけ取れるか、またいかに毒を取らないか、なかなか迷うゲーム

今回は、どうもカードに偏りがあったわりに、合計13ぎりぎりくらいが、かなり続き
あ~~~という叫びとともに、カードをばしばし取っていく人がw
前回抜群に強かった人が今回は大負けしていたですw


○そっとおやすみ
ファイル 15-5.jpgまだまだTRPGは終わらないようだったので、5名でそっとおやすみを
こちらも初プレイの人が居たので簡単な説明をして開始
このゲームは、手札から入らないカードを隣に渡していき、同じカードを4種(ジョーカーのオールマイティあり)揃えるゲーム
ただ、揃えるだけでは勝ちではなく、そろったら、そっとカードを机に置いたら終了
で、誰かが置いたら、他の人も置いてよい
最後までカードを持っていた人が負けとなる、負けを決めるゲーム
このカードを置くのが曲者で、いつ置いても良く、カードを揃えようと周りを見なくなった人が負けるw

今回は、初プレイの人は、さすがに慣れておらず、序盤は負けていたけど、だんだんと慣れてきて、話に惑わされずに置けるように、、、
結構特定の人を狙うためにカードの受け渡しを狙われ片方の手のカードは置けても受け取った方のカードが置けず負けることもしばしば
置いた人が分かっていても自分が置けない自分のふがいなさに嘆くことも多々w
でも、結局いつもの人が負けていたw

そうこうしているうちにTRPG組も終わり、時間も残り少なくなったので、最後に全員でククを!
初プレイの人も混ざっていたので、再度説明しながらプレイ

最後まで大盛り上がりでした。

今回もあっという間の7時間でした!

[レポート]第5回ボードゲームスウィッチ

第5回ボードゲームスウィッチを開催しました!

■日程
 1/25(日) 13:00~20:00

■場所
 秋葉原イエサブRGP館

■参加人数
 7名

■やったゲーム
 ラミィキューブ
 ババンク
 ノッティンガム
 ナイアガラ
 テーベの東

■レポート
 今回は忘れず写真を取れたので、写真付きでゲームのレポートをば~

○ラミィキューブ

ファイル 14-1.jpg先に集まっていた4名でプレイ
全員が初プレイでルールを覚えながらプレイ
どんなゲームかというと、、、
同色で連続した数字で作るラン、異色で同じ数字で作るグループ
共に3枚以上で役が成立
役が成立したら場に出して、出せなかったらコマを引く
手コマが全部なくなったら勝ち!
これだとセブンブリッジやドンジャラっぽいけど、このゲームのユニークなとこは、自分や他プレーヤーが場に出した役に追加したり
ばらして作り直したりが可能
これがかなり悩む、、、場に役がたくさん出るとなんか組み合わせで出せそうで出せない、、、
たまにふっと気づいたように組みなおして出しまくれる!

そそ、もうひとつルールがあって、一番最初は数字の合計が30以上ないと出せないってことで、最初は全員がなかなか出せない
でも、一度出せると、あとは1コマでも追加で出せたりするから、たくさんの人が場に出し始めると、いろんな組み合わせが出来、結構出しはじめれる

最初は全員初プレイもあって、ルールの誤解もありなかなか進まなかったけど、中盤からは理解できてきて、いろんな組み合わせで場に出していく
途中出せそうと思った形が、他プレーヤーの組み換えで出せなくなったりと、大盛り上がり
1回だけじゃ物足りず2回プレイしました


○ババンク

ファイル 14-2.jpgそうこうしているうちに2名やってきて6名になったので全員でやれるゲームでババンクをプレイ
2人だけちこっと前にやっていたけど、それ以外はみんな初プレイ
簡単に説明してプレイ開始
このゲームは、お金を置いた場に各人のコマを任意の数だけ進めて場にあるお金を集めるゲーム
ただ、コマを動かす前に「お金倍」「横取り」「ブラフ」の3種類のカードを全員で順に置いていき、このカード次第で場のお金の動きが変わる
お金倍のカードがあるとこの場は誰のカードでもかまわずもらえるお金が倍になっていく、枚数が多いと3倍、4倍と増えていく
横取りのカードがあるとこに他プレーヤーが止まると、カード置いた人にお金がもらえる、お金倍のカードがあると倍になったお金がもらえる
ブラフのカードも含め、誰がどこにどんなカードをおいたか推理しながらやっていくので、疑心暗鬼になりつつ自分が止まる場を決めて、、、
カードを開いたときに悲鳴がw
全部で4回行うんだけど、場におくお金は金額が上がっていくため、どんどん高額になっていくため、いかに安全そうなとこを狙って止まっていくか、いかに横取りカード置いたとこに他人を止まらせるか、、、
めっちゃ熱いゲームです!
今回は荒れ荒れでラスト前とラストで横取りカードと倍カードがだぶり横取りカードを置いた人が大もうけしてました。


○ノッティンガム

ファイル 14-3.jpg続いて、すごい前に2人ほどやっていたけど、ルールを忘れていたため、全員初プレイ状態でルールを見ながらプレイ
結構複雑なため、結構ルールを誤解しつつ途中で修正しながらプレイ
このゲームは山からカードを引いて、そのカードを貰うか、そのカードにあったアクションを取るか選択してカードを集め
同じ種類のカード3~4枚を場に出すと得点をもらえる
あと目標カードに沿った役を作っても得点をもらえる
一番たくさん得点を稼いだ人が勝ち
アクションには他プレーヤーのカードを見ながら奪うやつやランダムに奪うものから、交換できるカードを出してもらって交換するものなどいろいろあり、上手にアクションを使って役をそろえていくのがなかなか楽しい
覚えると結構簡単だけど、なれるまで結構時間がかかったです。


そうこうしている間に最後の1名が来たので3:4に分かれて、別ゲームをプレイ
4名のほうはノッティンガムを続けてプレイ


○テーベの東

ファイル 14-4.jpg残りの3名でテーベの東をプレイ
1人だけ初プレイだったので、説明しながらプレイ
このゲームは、考古学者になって街で知識の本を得たり、遺跡で発掘したり、発掘したものを使って街で展示したりしと、あっちこっち移動しながら得点を稼ぐゲーム
知識をいっぱい持っていると短時間でたくさん発掘が可能
発掘は袋に手を入れてコマを引いて、得点コマが出れば成功、砂嵐のはずれコマもたくさんはいっているので、運が必要
高得点を発掘する人は神の手
砂嵐ばかりの人はくずの手w
どちらの手を持つかでかなり展開が異なる
あまり知識ないのに神の手でばしばし高得点のコマを取る人も居れば、、、
高知識を持ってたくさん発掘しているのに砂嵐だらけなどなど、、、
たまに自分に絶望するゲームですw
今回は、序盤からなぜか神の手発動者が出て、高得点のコマからばしばしゲットされていく展開
終盤には、お宝が枯渇かけの遺跡が多々ありつつも、少しでもなにか出ること祈って発掘をして、一喜一憂
なかなかに最後まで盛り上がりました!




○ナイアガラ

ファイル 14-5.jpg4名のグループはノッティンガムが終わったら、そのままのメンバーでナイアガラをプレイ
このゲームは見た目に面白く川の流れを表した円盤と、その上を移動させる船、岸には宝石といろんなものがある
船で川を下って、宝石を取って、船着場まで戻る
途中の船が宝石を持っていると奪うこともできる
川の流れは全員で出すカードで決まり、突然大荒れで船が一気に流されて、滝に落とされることも多々
プレイしてなかったのでどんな展開があったのか分からないけど、わーわーきゃーきゃー悲鳴があがっている声が多々聞こえたw
どうやら船が落ちまくったり盛り上がっていたようですw


今回もあっという間の7時間でした!

[レポート]第4回ボードゲームスウィッチ

第4回ボードゲームスウィッチを開催しました!

■日程
 12/13(土) 13:00~20:00

■場所
 秋葉原イエサブRGP館

■参加人数
 6名

■やったゲーム
 マラケシュ
 ピーナッツ
 カタン(6名の拡張)
 ごきぶりスープ

■レポート
前々回、前回に続き、写真撮り忘れてしまった、、、(;==)

今回も写真はなしで、やったゲームを少しづつレポートをば。

■マラケシュ
少しメンバーが遅れてくるとのことで、先に来ていた3名でプレイ
全員が初ゲーム

ファイル 12-1.jpg こんなやつ
絵はすごろくやから拝借w

商人のコマを動かし、じゅうたんを敷いていくゲーム
商人の進む向きを決めて、サイコロを振り、その出目の分だけまっすぐ進む
人のじゅうたんの上に止まると、その大きさにあったお金を払わないとならないので、、、
いかによけながら進んでいくか
少しくらい支払っても、人が踏みそうなとこに敷くようにするか
単純だけど、なかなかに奥深いゲーム

商人の向きを決めるのが90度までだけなので、反対方向にはいけず、周りを囲まれると、誰かのじゅうたんを踏まなければならないことにも、、、
思ったよりも、大盛り上がりで、めっちゃ燃えるゲームでしたw
短時間で手軽に出来てよいさげかも

参考:http://sgrk.blog53.fc2.com/?no=985

■ピーナッツ
マラケシュやっていたら、2名やってきて、5名でプレイ

いろんな金額が書いてある盤面上を、順番にサイコロ振って、自分のコマを進め、止まりたくなかったら、そこに書いてある金額を支払ってもう一度進むこともできる
全員が止まったら、一番高いとこのプレーヤーに、自分のとこの差額を支払う

あまり低い金額のマスだと簡単に支払って進むけど、微妙に高めのとこは悩む、、、
でも、熱くなったら、もう進むしかないw

数名が我を忘れて最高額のマス目に止まるべく、何周もまわるw
途中までトップ候補があっというまにビリに転落することも

分かっているんだけど、止められない
めっちゃ熱くなるゲームですはい。

参考:http://www.mobius-games.co.jp/Goldsieber/Peanuts.htm

■カタン
最後のメンバーもやってきて、6名でプレイ

前回中途半端にやっただけなので、初めてまともに最後までプレイしたです。

サイコロ振って、資源を獲得
資源を使って、道や家、都市を作る

人数多いから、あっちこっち干渉しあって、進みたい方向に進めず、われ先にと欲しい土地を奪い合い
、、、ってこともあったけど、大半はなかなか資源がでず、作りたくても作れないことも多いw

なかなかに盛り上がり、時間もぎりぎりなとこで、10点獲得者がでて終了

■ごきぶりスープ
最後に15分くらいあったので、みんなでプレイ
新作なので、もち全員初プレイ
、、、だけど、似ているごきぶるサラダ経験者は多かったので、ルール説明はあっさり行い、即実践w

野菜がかかれたカードと、スープを飲んでいるカードが4種ずつ
野菜のカードがでたら、その野菜名を言う
スープカードがでたら「すー」とスープを飲んでいる風に言う

ただし、前の人が言った野菜名は言っちゃいけないので、別の名前を言わないとならない
スープカードで禁止されている野菜がでたら「すー」と言わないとならない、前の人が「すー」だったら、それは言っちゃいけないので「ふー」と言わないとならない

みんなサラダをやっていたことが災いして、間違えまくり、、、
10分くらいは、1周も周らずすぐ撃沈

分かっているんだけど、ついつい言っちゃいけない名前を言ってしまうw
言っちゃいけないと思うと、そもそも、なにも言えなくなるw

イライラがたまらないゲームだけど、めっちゃ盛り上がったですはい

参考:http://www.mobius-games.co.jp/DreiMagier/Kakerlaken_Suppe.html


今回もあっというまの6時間半でした。
予定していたゲームも少しできなかったのもあったので、それは次回にでも~

[レポート]第3.5回ボードゲームスウィッチ(ディセント会)

先月仕入れたばかりの長々重いディセントをやりたく、今月は2日連続でボードゲーム会を開催しました。

■日程
 11/16(日) 13:00~21:00

■場所
 剣宅

■参加人数
 4名

■やったゲーム
 ディセント

■レポート
 ディセントは、マスター(モンスター側)と勇者側に分かれてプレイ
 勇者側はダンジョン内でモンスターを倒したり、町で武器を買ったり、クエストに沿ったキーアイテムを探して、ボスを倒すのが目的
 マスター側は勇者を倒すために弱っているとこに集中的にモンスターをけしかけて倒したり罠をしかけたりし、達成ポイントを0にしたら勝ち

 クエストは、いくつもあり、ダンジョン用の通路パーツを組み合わせてマップを作って遊ぶため、慣れてきたらオリジナルのストーリーを入れたクエストを作って遊ぶことも出来るです。

 モンスターのフィギュアもしっかりしていて、リアルに遊べるTRPGな感じのゲームです。

 今回は、3名が勇者でプレイしました。
 全員が初プレイで、ルールブックを読みながら開始したので、準備にもかなり時間がかかり、序盤は1行動するたびにルールを確認したりと、めっちゃ時間がかかりました。
 やっと慣れてきたころに、いろいろ漏れていたルールを見つけたりと、その都度補足しつつプレイしました。

 このゲームは、最初にマップだけ見えていて、扉があるとこまでのモンスターとかダンジョン内の配置が分かるです。
 扉を開けると、新しいエリアのモンスターや宝箱が見えるようになるです。
 勇者側が1人ずつアクションを行ったあと、マスター側がモンスターを動かす。
 攻撃は遠距離もあれば魔法やブレスなどいろいろ多彩で、その攻撃が当たるかは、攻撃にあったサイコロをふって命中する距離や攻撃力が決まるです。

 マスター側はいかに弱った勇者を集中的に攻めて潰すか、勇者側はうまく攻撃をよけつつも、全員の狙いを話し合いながら、効率よくモンスターを撃破していき、宝箱を見つけたりと、ダンジョンを探索していきます。

 今回プレイしたのは、一番簡単なクエストだったけど、やはりルールを確認しながらだったから、なれるまでどう攻めるか試行錯誤しながらやりました。(この試行錯誤も楽しいんですよね~)

 開始から5時間くらいたったところで、やっと最後のエリアに到達
 最後の扉を開けると罠が仕掛けてあり、勇者の1名は猿になったり、でかいモンスターがいっぱい居たりと、最終決戦で大盛り上がり
 死闘の末、勇者側がボスを打ち倒し勝利

 結局6時間くらいかかったかも

 慣れたら2~3時間くらいで出来そうかな、、、。

ファイル 11-1.jpgそそ、今回は写真を撮りましたw
最終扉の前の部屋
分かりづらいけど、左側の灰色のコマが勇者
白や赤がモンスター
扉をあけたばかりの勇者を攻めるとこです。


 かなり時間がかかったけど、面白かったです!

 やる気がある人が集まったら、またぜひ開催したいです。

 やる気のある人はぜひコメントをw

[レポート]第3回ボードゲームスウィッチ

第3回ボードゲームスウィッチを開催しました!

■日程
 11/15(土) 13:00~20:00

■場所
 秋葉原イエサブRGP館

■参加人数
 6名

■やったゲーム
 モダンアート
 スコットランドヤード
 カタン(6名の拡張)

■レポート
前回に続き、写真撮り忘れてしまった、、、(;==)

まぁ写真はなしで、やったゲームを少しづつレポートをば。

まずはモダンアート
絵画をオークションで売り買いして、いかにお金をもうけるかのゲーム
全部で4ラウンドあり、だんだんと絵の相場があがっていくため、オークションが盛り上がっていくです。

初めての人がいたので、説明しながら開始
初めての人も2ラウンド終わったくらいには、だいたいゲームを把握できたようで、オークションも熱くなる
儲け度外視で値段を吊り上げたり、釣り上げたりw
最終的には、予想外に(失礼w)初ゲームの方が勝利しました。


続いてスコットランドヤードをプレイ
1人が怪盗Xになり街を逃げる、それを5名の探偵が追いかけるゲーム
怪盗Xは逃げ切ったら勝ち、探偵は怪盗Xを捕まえたら勝ち
何ターンかに1回怪盗Xは姿を現してそこから移動経路を推理して探偵が追う

怪盗Xは自分がやり、残りのメンバーで探偵をプレイ
初めての人も居たので、簡単に説明をして、あとは探偵全員で相談しながら行方を推測
怪盗Xの自分としては、やり方を説明しつつも(的外れな推理には一切つっこみを入れずにすべて聞き流ししつつw)、近くにいるときはどきどきしながら動き方の指南をばw

結局序盤でかなり探偵に囲まれている位置で開始したため、なかなか出し抜けず、中盤に捕まり、探偵側の勝利


最後はカタン、通常は4名までなので、その場で拡張セットを買い6名でプレイ
開拓地に道や家を建て、家のあるとこから発掘される資源を集め、それを使い新たな道や家、都市などを建てながら開拓地を発展させていくゲーム

時間もなく、初プレイの人も多かったので、説明しながら、時間制限付きでプレイ(本来は10点稼いだら勝ちだけど、時間がきたら、そこまでで一番点数を稼いでいた人が勝利に変更)

6名拡張は現地調達でパーツ集めたり、準備に手間取り、ちこっと時間がかかりつつもなんとかプレイ開始
ただ、なかなかルールも多いので、最初に大まかな説明をして、あとは都度々々説明しつつプレイ
最初は間違えながらも、やりながらだんだんと把握してきたようで、中盤にはだんだんとさくさく出来るように、、、
ってくらいで時間がきて終了
一番得点高い人は6点で2名が同点だったです。

で、ここでごめんなさいが1つあります。
家に戻ってルールを見直したら説明間違い、、、というか足りないルールが結構ありましたw;;;
・資源カードは隠して持ちます(隠さないと手がばれるので)
・盗賊は移動した先にいる家の誰か1人から資源カードを1枚奪えます
・2:1の専門港は絵にある資源2枚で好きな資源1枚が貰えます

今回は中途半端だったので、次回はしっかりしたルールで最後までやりましょう!
(8点くらいから最後に向けてがなかなかに難しく盛り上がるのです)


1ゲームづつが結構時間かかり、3ゲームしかできなかったけど、あっという間の6時間
今回も楽しんでいっぱいゲームできました!

以上

[レポート]第2回ボードゲームスウィッチ

第2回ボードゲームスウィッチを開催しました!

■日程
 10/13 13:00~20:00

■参加人数
 9名

■やったゲーム
 チーズのお城
 モダンアート
 ひつじのゲーム(名前覚えてないです、、、)
 Mille Bornes
 テーベの東

■レポート
写真撮り忘れてしまった、、、(;==)
なので、簡易コメントのみってことで~

総括:
モダンアートもミルボーンもめっちゃ熱かった!

以上w
 

[レポート]第1回ボードゲームスウィッチ

第1回ボードゲームスウィッチを開催しました!

■日程
 9/14 13:00~20:00

■参加人数
 8名

■やったゲーム
「ぺんぎんパーティー」
「そっとおやすみ」
「ピーナッツ」
「テーベの東」
「FabFib」
「Mille Bornes」
「カルカソンヌ」
「お邪魔者」

[レポート]第0回ボードゲームスウィッチ

第0回ボードゲームスウィッチを開催しました。

■日程
8/23(土)13:00〜19:30
 時間は、上記内で参加できる時間でお願いします。
 途中参加、途中退室はかまいません。

■場所
秋葉原イエサブRGPショップ
 ※ 詳細はリンク先参考

■レポート
とりあえず、開催できるかのテスト開催ってことで、マジックスウィッチのいつものメンバーに声をかけて開催

5名集まり、なかなかに盛況

やったゲームは以下
・・・
・・

、、、もう覚えてないw

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ